Biography

 

 

 

 

 ドイツ生まれのステファン・シュナイダーは、1994年にアントワープのロイヤル・アカデミー・フォー・ファインアーツを主席で卒業する。 卒業制作のコレクションがアワードを受賞した事により、パリ・ファッションウィーク期間中にコレクションの展示が可能となり、早速インターナショナルのバイヤーが注文を入れた事で、ビジネスが開始する事となった。 以来、パリ・ファッションウィークの期間中にメンズとレディースのコレクションを展開するステファン・シュナイダーは、シーズン毎にクライアンを増やし、現在は世界中に70を超える販売拠点をかまえるに至った。 1996年、初のフラッグシップショップをアントワープに開店する。

 コレクションの意図は、彼の服を着ることで、着用者は個人の特有性を認識する。それはメンズ、レディース共に同じ素材を使用する事で、女性には簡素、男性には更なる紳士的個性を与えるものである。

無駄のない構造化された手法に装飾的な要素を垣間見ることができ、それは郷愁とリアリティーのバランスの様な関係性である。 そのような関係性から、手作業によりカットされ最高品質の仕上がりが施す為に同社の生産設備はベルギーに置く。

ステファン・シュナイダーにより、お客様は多種に及ぶ生地の中から、 他にはない個性的な服を見出す事が出来、個々の特有性をより明確にしている。